大きいサイズとメンズファッション

大きいサイズとメンズファッションについて

大きいサイズの悩みとは

大きいサイズの悩みとは

私は身長が小さく、もう少しで届きそうなのに届かないというのが悩みです。

肥満の方や高身長の方にも多くの悩みを抱えながら過ごしているのだと思います。

身長が足りないのは、何かで補うことができますが、高身長の方は削るなんてできないので、大変だと思います。

よく耳にするのは、電車のドアで頭をぶつけてしまうこと。

昔、電車の天井部分にも届いてしまいそうな身長の方を見かけました。

日常生活にかなり支障をきたしているのでは無いかと子供ながらに考えてしまいました。

子供の頃、身長が高い男の子が同じクラスにいました。

頭も大きかったので、三角巾のてっぺんが立ち上がり、幽霊というあだ名が付けられていました…。

ベルリンの壁というあだ名の子もいました…。

今考えてもかわいそうです。

大人になってからも悩みが尽きません。

台所のシンクが低くて腰痛を訴える人も少なくありません。

昔の家よりも、住宅機器やドアなどが大きいサイズに変わったとはいえ、190㎝くらいの方にはまだまだ辛い生活だと思います。

肥満の方もトイレの便座を壊してしまうなどのトラブルを耳にします。

もっと大きいサイズに合わせた環境作りが整ってくると良いと思います。

大きいサイズの服が見つからない時に、ダイエットを考えた人も多いと思います。

肥満はあらゆる病の引き金になります。

特に生活習慣病、メタボリックシンドロームが問題視されています。

日本人はインスリンの分泌量がアメリカ人に比べて少ないようです。

そのため、少しの肥満で糖尿病などのリスクが高まります。

加齢とともに筋肉量が減り、足腰に負担がかかります。

骨折の危険性も高まります。

睡眠時無呼吸症候群も肥満の影響が高く、日中の生活に支障をきたしてしまうこともあります。

最近、お笑いタレントの健康診断がテレビ番組で行われていました。

血管の石灰化と診断され、動脈硬化を超える深刻な状況でした。

心筋梗塞や脳梗塞の危険性があり血管の病はとても危険です。

そのタレントさんは、まず5㎏痩せるだけでも大きく違ってくるとドクターに言われていました。

無理なダイエットは、ストレスをためてしまい長続きしません。

大きいサイズの服から徐々にサイズダウンしていく気持ちで体重を減らしていくのが良いと思います。