大きいサイズとメンズファッション

大きいサイズとメンズファッションについて

大きいサイズの人がモテる時代・モテファッションのポイント

大きいサイズの人がモテる時代・モテファッションのポイント

最近、男女ともにぽっちゃりした人がモテているようです。

今まではやせ形の人が好まれていましたが、少しふくよかな方が大らかに見えて触り心地が良さそうだと思われているようです。

外国のモデルさんもあまりにも痩せているのは、拒食症を増やすことにつながるとして、痩せることで仕事が激減するケースもありました。

大きいサイズの洋服も昔に比べてデザイン性に優れていて、キレイな体型に仕上げてくれるようになりました。

年齢問わず、ファッションを楽しめることはとても嬉しいことです。

ぽっちゃりしたタレントさんも人気が高く、肌艶が良く健康的に見えて、憧れになっています。

今までは、痩せることだけに集中してしまい、ダイエットの危険性が問題視されてきました。

男女ともに異性からの好感を勝手に判断してしまいがちです。

ぽっちゃりした人に注目が集まることで、少し大きいサイズを着ても罪悪感がない世の中になると思います。

痩せることではなく、健康的でいられる体重を見つけることが大事です。

ぽっちゃりした女性の中には、メンズ用の洋服を選んでいる人が多いと聞きます。

私の友人も男性用で大きいサイズを選んで着ている人がいます。

しかし、自分自身の体型よりも大きな服を着ると、どうしても着膨れしてしまいます。

着膨れしないためには、大きいサイズの洋服を選ぶ時のポイントがいくつかあります。

スッキリとさせるためには、首元は「Vネック」に仕上げる。

ニットのワンピースもVネックであれば全体がスッキリとした印象になります。

次に「手首を見せる」ことも大事です。

ニットの下にシャツを着てシャツの袖口を折り返すのがオススメです。

「ウエストよりも上の長さのトップスを着る」ことで、脚長効果も期待できます。

さらに、ベルトをつけることで、スッキリとします。

足元はロールアップがオススメです。

二の腕をカバーするには、二の腕部分がゆったりとしたパフスリーブなどがオススメです。

今流行りのガウチョパンツは、着た時にふくらはぎの下から3分の1くらいの丈を選ぶと良いでしょう。

ふくらはぎの真ん中は一番太い場所なので、足が太く見えてしまうので注意が必要です。

色はダーク系で選びがちですが、健康的に見せるには、オレンジなどの暖色系も取り入れると良いでしょう。